新マップ製作記(4) ー巨大モニュメントー

前回の題目がかなり壮絶なタイトルだったなと今更思いましたが、
今回もなんだかビックなタイトルです。
マップ作成のコンセプトとはややズレるのですけれども
このエリアの歴史的背景を物語る重要なモニュメントがあります。
建物を含めたエリアの構成物一体です。

たまたま伊勢神宮に行く機会がありました。
ふと前に行った厳島神社などを思い返しました。
こういう大きな神社を見て思ったのは、

神社って神社建てただけじゃ神社ないないよな~

歴史の重みが違います。
周りのお土産屋、観光施設が多いとか表面的なことだけじゃないですよね。
こう、圧倒されるような、、、
パワースポットってこういうことか、みたいな、、、
(圧倒的語彙不足)

マップを象徴する何かが欲しい。
こういう存在感バリバリな神社を作ってみるかと
徐ろに作ったのがこちら。

この神社は汽水湖上にあります。
表参道は幅が広めな川になっており海に続いています。

海側から神社を撮ったもの。
両岸が街で発展していますが橋がありません。
交通手段はトンネルと渡船です。
景観を考えてあえて架けませんでした。
祀られている神様は海からこの参道の川を渡り、
ちょうど神社のある場所から山へ入り登ったと言い伝えがあるため
川に邪魔なものが建てられないんだとかなんだとか、、、

別の社が川の南岸の山沿いにあります。
海(湖)上にある社が海の社とすれば、こちらは山の社でしょうか。
こちらは水がない枯山水の上に建てられています。
奥に海の社のある汽水湖が見えます。

作った結果、
あれ?
これ、どこかで見たことないか?
気のせいだな(汗

いろいろ影響は受けておりますってことで。

この神社を中心に出来たのであろうこの街がどうやって
先に上げた西洋文化を大きく取り入れ、工業化を進めたのか、
そしてこの先どう進むのか。
日本の歴史とは違う経緯があるんだろうなーと辻褄を合わせつつ、
街をどう作っていくか考えています。

1 件のコメント:

  1. インバータ山本2019年2月18日 16:47

    新しいマップ、新しい街・・・今からとても楽しみです!

    返信削除