最新動画

Google+にて「A列車で行こう9絶景アルバム」公開中!

自作マップ「アルペンルート」の紹介

私が作った創作ゲームのデータを紹介します。
こちらからゲームデータをダウンロードできますので、良かったらどうぞ。




ゲーム名:アルペンルート
都市名:-
会社名:-
スタート:2010/4/1 6:00
資金:400億円
天気:雪
難易度:D難度

人口:6314人
車両最大数:100
時間の拡張:60倍

概要:
マップの東半分を大きな山脈が縦断する山岳地域です。
自然が豊かで、景観に秀でたこの土地に、
山岳観光路線を目玉とする観光都市圏を創設します。

ダウンロード



コンセプト

このマップのテーマは山脈です。
その山脈が織り成す自然と、それに調和する街や村。
そして、その間を縫うように走る列車とバス。
それらを箱庭のようにコンパクトに収められるよう、地形を作成しました。

マップを作る上である程度のソレっぽさを出すために
実在の地域を参考にさせて頂きました。
それは、
国内有数の山岳観光路線、立山黒部アルペンルートを有する
飛騨山脈、及びその周辺です。
マップのタイトルの由来でもあります。
しかし、あくまでオリジナルマップです。
アイデアをもらった程度です。
再現マップではありません。
ただ、その点を頭の片隅においていただくと
開発しやすいかもしれません。


見どころ

1.ダム


場所:マップ南東部にある大きな湖の北端
説明:
ウィングの付いたアーチ式ダムモドキです。
ダムとは言ったものの、
土地を盛り上げているだけの代物です、ごめんなさい。

2.険しい海岸線


場所:マップ北東部の海岸線と山脈の交差地点
説明:
山脈が海へと落ち込む場所なので高度も高く、断崖絶壁です。
もし鉄道、道路を通すとなれば、難所となることでしょう。

3.川に囲まれた街


場所:マップ南西部の街
説明:
川が大きく湾曲したところに街が広がっています。
駅のすぐ東側は台地になっており、
台地にはお城もあります。

その他、多数...


制作後記

このマップは去年の秋頃にA7で作ったマップを
A9版としてリメイクしたものなんです。
トンネルが掘れるように地形をいちいち編集し直しするなど、
A7当時は制約が多かったので結構手間をかけて作っていました。
ゲームモードで序盤の終り頃まで進めていたのですが、
A9購入を決意して、
「このマップも車窓モード見たいよねー」
ってことになり、
A9を買った日からデフォルトのニューゲームで遊びつつ
片手間に作っていました。

今のところの反省点は、
・箱庭とは言え、ちょっと詰め込みすぎたかな??
・木が足らない(山脈の高地は森林限界という設定にした)

これからこのマップの開発をしていきます。
もちろん、このブログで随時報告します。
乞うご期待???

0 件のコメント:

コメントを投稿